WordPress

WPForms Liteで「お問い合わせ」フォームを設置する方法

ユーザーからの質問や、仕事の依頼を受けるときに必要な「お問い合わせ」フォーム。

プラグイン「WPForms Lite」を使えば、誰でも簡単に作れます。

 

お問い合わせフォームで有名なプラグインと言えば「Contact Form 7」。

ぼくも今まで使ってましたが、最近は見た目がシンプルな「WPForms Lite」に変えました。

 

スパム対策として「Invisible reCaptcha」プラグインについても一緒に説明しています。

こちらの設定も簡単なので、ぜひ使ってみてください。

 

「WPForms Lite」をインストール

プラグイン追加画面で「WPForms Lite」と入力。

画像のプラグインをインストール&有効化します。

 

お問い合わせフォームの設定

WPForms Liteを有効化したら、最初のフォームを作成しましょう。

 

WPForms Liteの設定画面で「簡単なお問い合わせフォーム」を選択します。

 

お問い合わせフォーム画面に切り替わります。

このまま右上の「保存」を押し、「埋め込む」ボタンを押してください。

 

メッセージが表示されたら、新規ページ作成をクリックします。

 

ページタイトルを入力します。(後から変更可)

入力が終わったら、右のボタンをクリックしましょう。

 

お問い合せページの確認

手順に作業すると、固定ページにお問い合わせフォームが追加されます。

このまま公開してもらえば、問い合わせフォームの完成です。

パーマリンクは自分で設定してください

 

お問合せフォームが設置出来たら、試しにメールを送って下さい。

きちんと受信できるか確認してみましょう。

 

「Invisible reCaptcha」をインストール

ぼくはスパム対策として「Invisible reCaptcha」を使ってます。

WPForms Liteの設定も簡単なので、ぜひ使ってみてください。

reCAPTCHAは、スパムやその他の種類の自動化された悪用からユーザーを保護します

転用:reCAPTCHA開発者向けドキュメント

※reCAPTCHAを使うにはGoogleアカウントが必要です

 

Google reCAPTCHA でキーを取得する

https://www.google.com/recaptcha/about/

初めにGoogle reCAPTCHAへアクセスします。

右上のボタンをクリックしてください。

 

新規サイトの登録

Google reCAPTCHAでサイトの登録を行います。

  • ラベル:サイト名などわかりやすい名前を付ける
  • reCAPTCHA タイプ:reCAPTCHA v3を選択
  • ドメイン:サイトのドメインを入力(https://は不要)
  • オーナー:Googleアカウントのメールアドレスを入力

入力が終わったら、必要事項にチェックを入れ「送信」ボタンをクリックします。

 

 

サイトキー、シークレットキーを取得

サイトの登録が終わると、サイトキー、シークレットキーが発行されます。

この2つをコピーして「WPForms Lite」に設定します。

 

「WPForms Lite」に「reCAPTCHA」を設定する

ダッシュボード「WPForms Lite」の設定をクリックします。

画面上の「CAPTCHA」をクリックします。

 

タイプ「reCAPTCHA v3」を選択。

先ほど取得したサイトキー、シークレットキーを入力し設定を保存してください。

 

入力に問題がなければ、メッセージが表示されます。

以上で「reCAPTCHA」の設定完了です。

 

プラグイン「WPForms Lite」の使い方まとめ

  • WPForms Liteをインストール
  • お問い合わせフォームを設定する
  • 固定ページで保存
  • お問い合わせフォームの確認
  • メールが受信できるかテストする

プラグイン「WPForms Lite」を使えば、お問い合わせフォームが簡単に作れます。

スパムメールが気になる方は「Invisible reCaptcha」を使ってみてください。

-WordPress