ConoHa WINGにアドセンスが設定できない時の対処法

ConoHa WINGに変えてから、アドセンスが表示されなくなった方はいませんか?

僕はサーバーを「ConoHa WING」に変えてから、いきなりアドセンスが表示されなくなりました。

 

原因を調べると、WAF設定に問題があったんです。

僕の場合はサーバーの「WAF設定をOFF」にすることで解決できたので、一度試してみてください。

WAF設定とは?

Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。

ここではConoHa WINGでのWAF設定をOFFする方法と、アドセンス広告が表示されされない例や原因を紹介したいと思います。

ConoHa WINGでWAF設定をOFFにする

ConoHa WINGで「WAF設定」をOFFする方法を紹介します。

  • 広告を表示させたいサイトを選択
  • サイトセキュリティをクリック
  • WAFの利用設定をOFFにする

WAF設定をOFFにしたら、サイトのアドセンス広告を確認してみてください。

他に原因が無ければアドセンス広告が表示されるはずです。広告が表示されたら、WAF設定をONにしても問題ありません。

 

アドセンス広告が表示されされないときの対処法

原因不明の場合はただ待つしかないですが、出来る限りのことはやりたいですよね。

下記に僕がやってきたアドセンス非表示に対する対処法を紹介します。

ConoHa WINGに「ads.txt」を貼り付ける

アドセンスの管理画面に「ads.txtの問題を修正してください。」というメッセージが表示されてる場合があります。

ads.txt(アズテキスト)とは?

サイト運営者が認定した販売者(Google AdSenseなど)を通してのみデジタル広告枠を販売する仕組みになり、不正な広告販売などを防止することができます。

この「ads.txt」をダウンロードしたら、サーバーに設定します。

 

ConoHa WINGは「ads.txt」の設定がとても簡単です。

「ads.txt」をダウンロードしたら、ConoHa WINGの管理画面を開きます。

「ads.txt」を貼り付けたいサイトを選んでください。

サイト設定>応用設定>ads.txt設定」の順にクリック。

 

直接編集の右側にある「えんぴつボタン」をクリック。

ダウンロードした「ads.txt」を貼り付けて保存します。しばらくすると、アドセンス管理画面に表示されている警告が消えるはずです。

 

ポリシー違反を修正する

アドセンスの管理画面に「ポリシーセンター」から通知が来ている画像です。

以下、ポリシーセンターからの通知内容

表示できる広告の数が制限されています

詳細

お客様のアカウントでの広告配信は、無効なトラフィックの問題により現在制限されています。

今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限は Google 側で自動的に見直しおよび更新されます。詳しくは、広告配信の制限についての記事をご覧ください。

 

対応策

広告トラフィックとサイト訪問者を把握してください。

ご自分の広告は決してクリックせず、信頼できない業者質の悪い業者との提携を避けましょう。詳しくは、無効なトラフィックを防止する方法についての記事をご覧ください。

通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、それ以上となる場合もあります。

悪質業者と提携した覚えはないですが、このような通知が届きました。

原因を調べると「海外からの異常アクセス」のようです。

 

Googleが定義する「無効なトラフィック」とは…

無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。

無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

転用:無効なトラフィックの定義

無効なトラフィックの原因は「海外サイトからの異常なアクセス」の場合が多いです。

過去に何度かアクセス数が跳ね上がった日がありました。

「参照元/メディア」を選ぶと、どこからアクセスが来ているのかが分かります。

この異常なアクセスは「bottraffic057.xyz」から来ていました。

 

サイトを確認すると、トラフィックを上げるサービスを行う業者のようです。

登録した覚えもないので、アナリティクスからこのサイトからのアクセスを除外しました。

 

アナリティクスで海外からのアクセスを除外する

海外サイトから異常なアクセスがある場合、アナリティクス設定でアクセスを除外できます。

以下、アナリティクスでの設定。

  • 設定ボタンをクリック
  • すべてのフィルタを選択
  • フィルタ名に「除外したいURL」を入力

フィルタの種類(定義済み)

  • 除外
  • ホスト名へのトラフィック
  • 等しい

上記のように設定すればアクセスを制限できます。

アクセス数が異常に上がった場合は、どこのサイトからアクセスが来ているか調べてみてください。

 

アドセンス広告が表示されない主な原因

現時点では、原因は不明ですが、ポリシー違反の通知などがなく、現在広告がアカウントやサイト単位で表示されない場合は、以下の様な可能性が考えられます。

  1.  Google AdSenseの広告配信システムの不具合
  2.  Google AdSenseの広告配信システムがアップデートされ、価値の低い広告枠などの広告配信制限を強化するようになった。
  3.  AdSenseの指標表示の一部が更新されていない。

3.は、時折発生します。全てのアカウントで発生するのが通例です。また、指標の更新に遅延がある場合には、AdSenseアカウントページの上部に通知が表示されることが多いです。(表示されないこともあります。)

ブラウザーでページを表示した時に広告が表示されないだけでなく、AdSenseのレポートで昨日から、ページビューは通常通りの表示で、表示回数が極端に少ない、または全くない場合には、1. または、2.のように、システム側の理由の可能性が高くなります。

Googleアドセンスヘルプページからの転用です。

より詳しく知りたい方は、下記の記事を確認してみてください。

ページまたはサイトで広告配信が停止された場合

 

ConoHa WINGにアドセンスが設定できない時の対処法まとめ

サーバーを「ConoHa WING」に変えただけで広告が表示されなくなったなら、WAF設定をOFFすれば解決できると思います。

ポリシー違反の場合はGoogleからの通知を見てサイトを修正しないといけません。

 

サイトを長く運営していくと、こういったトラブルにも慣れてきます。

いい経験になると思うので、この機会にいろいろ調べてみてください。

-Google関連, サーバー
-,