ConoHa WINGにアドセンスが設定できない時の対処法

サーバーをConoHa WINGに変えてから、ウィジェットでアドセンスコードを貼り付けるとエラーになります…

この原因を調べると、サイトのWAF設定がONになっていたからでした。このWAF設定をOFFにすれば、アドセンスコードを貼り付けることが出来ます。

WAF設定とは?

Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。

ヒロ
ぼくはこの方法で解決できたので、一度試してみてください。

サーバー管理画面でWAF設定をOFFにする

まずは、ConoHa WINGの管理画面にアクセスします。

アドセンス広告を表示させたいサイトを選択し、WAF設定をOFFにしてください。

 

WAF設定の手順

  1. アドセンスを表示させたいサイトを選択
  2. サイトセキュリティを選ぶ
  3. WAFを選び利用設定をOFFにする

 

WAF設定をOFFにすれば、アドセンスコードが貼り付けられます。

ヒロ
サイトに広告が表示されたらWAF設定をONに戻しましょう。

 

もしこの方法でダメだった場合、Googleアドセンスの方に問題があるかも知れません。

アドセンスの規約違反をしてないか一度調べてみて下さい。

広告が表示されない場合のトラブルシューティング

 

ConoHa WINGで「ads.txt」を設定する方法

Googleアドセンスの管理画面右上に「ads.txtの問題を修正してください。」というメッセージが表示されてる方がいると思います。

このメッセージを消すには「ads.txt」の設定をしないといけません。

ads.txt(アズテキスト)とは?

サイト運営者が認定した販売者(Google AdSenseなど)を通してのみデジタル広告枠を販売する仕組みになり、不正な広告販売などを防止することができます。

ConoHa WINGは「ads.txt」の設定がとても簡単です。

まずは、Googleアドセンスの管理画面から「ads.txt」をダウンロードしましょう。

 

「ads.txt」をダウンロードしたら、ConoHa WINGの管理画面で設定していきます。

はじめに、ConoHa WINGの管理画面で「ads.txt」を設定したいサイトを選んでください。

その後「サイト設定→応用設定→ads.txt設定」で、ダウンロードしたads.txtコードを貼り付けます。

 

 

ads.txtの設定手順

  1. ads.txtを設定したいサイトを選択
  2. 応用設定を選ぶ
  3. ads.txt設定の直接編集でコードを入力

 

サイトに「ads.txt」を設定したあと、しばらくすれば警告メッセージは消えるはずです。

アズテキストについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

話題の「ads.txt」っていったい何? 広告主なら必ず知っておきたい広告不正の手口と基礎知識

 

まとめ

ConoHa WINGに変えてからアドセンスが設定出来なかったのは、WAF設定が原因でした。

おそらくほとんどの方は、WAF設定をOFFにすることで問題が解決できると思います。

ヒロ
一度試してみてください。