Google関連 カスタム

【AFFINGER5】インフィード広告を設置する方法

アフィンガー5にインフィード広告を設置する方法を紹介します。

やり方はとても簡単。5分もあれば終わります。

 

インフィード広告を選択する

Googleアドセンスのページで「インフィード広告」を選択します。

 

サイトURLを入力し、ページをスキャン

次にサイトのURLを入力します。スキャンするのは「モバイル」or「デスクトップ」。

ぼくはいつも「デスクトップ」を選びます。

 

広告ユニット名を入力

サイトのスキャンが終わるとコード取得画面に切り替わります。

こちらで広告ユニット名を入力し、コードを取得しましょう。広告ユニット名は「インフィールド広告(1)」とかでいいと思います。

このページで細かい設定もできますが、やらなくても問題ありません。

 

インフィード広告のコード取得完了

インフィード広告のコードが表示されました。

このコードをアフィンガーに設定していきます。

 

アフィンガーにインフィールド広告を設置する

ダッシュボード「外観>ウェジット」で、STHINGERカスタムHTMLをインフィード広告に設置します。

 

STHINGERカスタムHTMLを開き、取得したインフィード広告のコードを貼り付けてください。

コードを貼り付けたら「保存」して終了します。

 

AFFINGER管理でインフィード広告の設定

ダッシュボード「AFFINGER管理>Google・広告/AMP」で、インフィード広告の設定ができます。

 

インフィード広告が表示される場所

  • トップページの記事一覧及びアーカイブ
  • サイドバーの新着記事
  • 関連記事

それぞれ「1~9」の数字を入力していきます。

割った余りが「0」の場合に表示されます。初めて広告を設置した方は、表示されるまで時間がかかるかも知れません。

 

アフィンガーにインフィード広告を設置する方法まとめ

  • グーグルアドセンスでインフィード広告を選択
  • サイトURLを入力しページをスキャン
  • 広告ユニット名を入力しコードを取得
  • ウィジェットでGoogleインフィード広告にコードを貼る

以上です。

自分でインフィード広告の設定をしたい方は、下記の記事が参考になります。

>>インフィード広告の設定方法

 

広告の配置、テーマ選び、運営方法など、より詳しく知りたい方は下記の本が勉強になります。

-Google関連, カスタム
-