アフィンガー6「Googleアドセンス」貼り付け方【完全解説】

2021年11月22日

アフィンガー6「Googleアドセンス」の貼り付け方について紹介します。

この記事で分かること

  • 広告ユニットの概要
  • ディスプレイ広告の貼り付け方
  • インフィード広告の設定
  • 見出し前に広告を貼り付ける方法
  • 検索エンジン広告について
  • 自動広告を表示させる方法
  • 記事毎の非表示設定について

では、順番に説明していきます。

Googleアドセンス広告の概要

広告ユニット名 概要
ディスプレイ広告 どこにでも表示できるよう設計された、万能で実用的な広告
インフィード広告 投稿とリスティングの間に表示
記事内広告 記事やコンテンツページに表示
検索エンジン 検索結果に広告を掲載できる
関連コンテンツ※ 訪問者におすすめのコンテンツを宣伝できる

※関連コンテンツは、一定の条件を満たすと選択できるようになります

 

ディスプレイ広告の貼り付け方

Googleアドセンスで「広告>サマリー>広告ユニットごと」を選択。

「ディスプレイ広告」をクリックします。

 

画面左上の「広告ユニット名」を入力。(任意)

広告サイズを選択。(レスポンシブor固定サイズ)

 

固定サイズなら「300×250px」がおすすめです。

ユニット名、広告サイズを選んだら「作成」ボタンをクリック。

 

広告コードが表示されます。

このコードをコピーして、ウィジェットに貼り付けます。

 

アフィンガーでの作業(ディスプレイ広告)

ダッシュボード「外観>ウィジェット」をクリック。

00_STINGERカスタムHTML」をサイドバーに追加。先ほどコピーした「広告コード」を貼り付けます。

 

サイドバーに「ディスプレイ広告」が表示さたらOK。

広告が表示されるまでに、多少の時間がかかる場合もあります。

 

インフィード広告の設定

Googleアドセンスで「広告>サマリー>広告ユニットごと」を選択。

「インフィード広告」をクリックします。

 

自動で広告スタイルを作成する、にチェック。

広告を貼り付けたい「サイトURL」を入力します。

 

ページがスキャンされるので「モバイル」か「Desktop」を選択。

僕はいつも「Desktop」を選んでます。

 

プレビューが表示されたら、「次へ」をクリック。

 

インフィード広告の「コード」をコピー。

コピーしたら、作業完了を押してください。

 

アフィンガーでの作業(インフィード広告)

ダッシュボード「外観>ウィジェット」をクリック。

カスタムHTML(広告用)」を「広告・Googleインフィード広告」に追加。

先ほどコピーした「広告コード」を貼り付けます。

 

設定:「AFFINGER管理>Google・広告/AMP

アフィンガーでインフィード広告の設定を行います。

表示したいエリアのフォームに数字を入力。数字はサイトを見ながら調整してください。

 

↑↑新着記事の間に表示されたインフィード広告。

インフィード広告の設定は、WINGマニュアルにも記載されてます。

インフィード広告の設定方法(WINGマニュアル)

 

見出し前に広告を貼り付ける(記事内広告)

Googleアドセンスで「広告>サマリー>広告ユニットごと」を選択。

「記事内広告」をクリックします。

 

広告ユニット名を入力し、「保存してコードを取得」をクリック。

設定は、そのままで大丈夫です。(デフォルトでOK)

 

記事内広告の「コード」をコピー。

コピーしたら、作業完了を押してください。

 

アフィンガーでの作業(記事内広告)

設定:「AFFINGER管理>Google・広告/AMP

アフィンガーで記事内広告の設定を行います。

 

記事内広告の設定手順

  1. 広告コードを「広告欄」に貼り付け
  2. 投稿・固定記事にチェック
  3. H2タグにチェック

固定記事に表示させたくない場合は、チェックを外してください。

あとは、記事を見ながら調整します。

 

↑↑記事内広告を表示させた画像。

目次下に表示させる場合は、「1番目」にチェックを入れてください。

 

検索エンジン広告について

検索エンジン広告についても少し説明します。

上が「検索エンジン広告」を表示させた画像です。

 

検索エンジン広告とは?

  • 検索の対象となるコンテンツの選択: ユーザーがお客様のサイト、お客様が指定した複数のサイト、ウェブ全体のいずれかを検索できるようにします。
  • 検索結果ページでのターゲット広告からの収益

転用:AdSense 検索エンジンとプログラム可能な検索エンジンの違い

 

検索エンジン広告を表示させたい場合は、コードをウィジェットに追加します。(ディスプレイ広告と同じやり方)

他、コントロールパネルで「デザインの変更」も可能です。

↑↑検索エンジン広告のコントロールパネル。

より詳しく知りたい方は、下記ページを参照ください。

プログラム可能検索エンジンの詳細機能

 

Googleアドセンス「自動広告」を表示させる

Googleアドセンスで「広告>サマリー>サイトごと」を選択。

サイトURLの横に表示された「えんぴつボタン」をクリックします。

 

自動広告のプレビュー画面です。

ここで、右上の自動広告をONに。その後、「サイトに適用」をクリックします。

 

メッセージが表示されます。

今すぐ適用にチェックを入れ、保存してください。

 

サイトURL横の自動広告が「オン」になっていればOKです。

自動広告について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

 

アフィンガー「Google自動広告」設定について

設定:「AFFINGER管理>Google・広告/AMP

アフィンガーでは、自動広告の非表示設定が可能です。

 

はじめに「自動広告のコード」をコピーし、Google自動広告の欄に貼り付けます。

非表示にしたい場合は、「トップページ」「投稿・固定記事」などにチェックを入れてください。

 

自動広告のコードは、「サマリー>サイトごと」から取得できます。

 

記事毎のアドセンス広告「非表示」について

アフィンガー6では、記事毎に「非表示設定」が可能です。

広告を表示させたくない場合は、非表示設定関連にチェックを入れてください。(投稿・固定記事の右側に表示)

 

アフィンガー6「Googleアドセンス」まとめ

アフィンガー6では「Googleアドセンス」の細かな設定が可能です。(非表示設定など)

記事内広告、インフィード広告は「AFFINGER管理>Google・広告/AMP」で設定できます。ぜひ活用してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hiro

2018年からアフィリエイト開始。知識なしの状態から2021年に月5万円達成。現在は「ペラサイト」と並行して「ブログ」もやってます。